リン

概要と主な働き

リンは、カルシウムやマグネシウムとともに骨や歯を構成する重要なミネラルです。
成人の場合、体重の1%を占めており、そのうち、85%は骨、歯に含まれています。

また、タンパク質、脂質、糖質と結合して、細胞膜にリン脂質として存在しています。

血液中のリン濃度が上がると、骨からカルシウムを放出し排出するため、カルシウムとのバランスの良い摂取が必要です。

期待される効果

・骨の形成

リンを含む食品

ワカサギ、どじょう、シシャモ、大豆、高野豆腐、プロセスチーズ、ヨーグルト、牛乳

注意点

・とりすぎると、カルシウム量が減少したり、腎機能の低下を引き起こします。
・カルシウムとの摂取バランスは、1対1が望ましいとされています。

摂取例

成人の1日接収量は900mg~1,050mgを目安。上限は3,500mg。

▼健康食品素材「ラ行」の成分一覧

健康食品のPB、OEMについてお気軽にお問合せください
お問い合わせフォーム
国際規格ISO9001:2008(マネジメントシステム)の認証取得
日健栄協GMP適合認定製造所

メディスンアルファ連絡先

メディスンアルファへお気軽にご相談ください
■本  社
東京都新宿区新宿1丁目7番10号   グランドメゾン新宿御苑1004号室
TEL: 03-5989-0293
FAX: 03-5989-0294
フォームからのご相談

■東京工場
埼玉県八潮市二丁目438-1
TEL: 048-999-7271
FAX: 048-999-7281