ビタミンB1(チアミン)

HOME » 健康食品素材辞典 » ビタミンB1(チアミン)

概要と主な働き

ビタミンB1は水溶性のビタミンで、糖質がエネルギーになるときに必要な補酵素として働き、別名「糖代謝ビタミン」とも呼ばれています。

不足すると、糖質の代謝がうまくいかなくなり、乳酸やピルピン酸などの疲労物質が蓄積されるため、疲労の原因になります。
また、脚気(かっけ)の症状も現れ、むくみや心臓肥大になることもあります。

ビタミンB1は玄米に多く含まれますが、精白米になると、約80%減少します。

期待される効果

・糖質代謝
・神経機能の維持

ビタミンB1を含む食品

豚ヒレ肉、豚もも肉、うなぎの蒲焼、玄米、大豆、絹ごし豆腐、くるみ、そば

注意点

摂り過ぎても排泄されるので過剰症の心配はありません。

推奨摂取量

成人の1日の推奨摂取量は女性1.1mg、男性1.4mg

栄養機能食品としての基準

栄養素等表示基準値:1.0mg/日

栄養機能表示:「ビタミンB1は、炭水化物からのエネルギー産生と皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。」

注意喚起表示:「本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。一日の摂取目安量を守ってください。」

健康食品のPB、OEMについてお気軽にお問合せください
お問い合わせフォーム
国際規格ISO9001:2008(マネジメントシステム)の認証取得
日健栄協GMP適合認定製造所

メディスンアルファ連絡先

メディスンアルファへお気軽にご相談ください
■本  社
東京都新宿区西新宿6丁目16番地9号 西新宿パインニードル4階
TEL: 03-5989-0293
FAX: 03-5989-0294
フォームからのご相談

■東京工場
埼玉県八潮市二丁目438-1
TEL: 048-999-7271
FAX: 048-999-7281