ビタミンE(トコフェロール)

HOME » 健康食品素材辞典 » ビタミンE(トコフェロール)

概要と主な働き

ビタミンEは、細胞膜に存在し、強い抗酸化作用で過酸化脂質の生成を防ぎ、細胞の老化を防ぎます。

また、血中のLDLコレステロールの酸化を防ぐ働きもあるため、動脈硬化の予防にも効果があります。

ほかには、抹消血管をひろげ、血流を良くするため、冷え症、肩こりにも効果があると報告されています。

期待される効果

・抗酸化作用
・過酸化脂質抑制

ビタミンEを含む食品

かぼちゃ、もろへいや、ほうれん草、アーモンド、ひまわり油、オリーブ油、キングサーモン、うなぎの蒲焼、子持ちガレイ

注意点

欠乏すると血行が悪くなり、冷え症や肩こりといった症状の原因になります。

逆に長期間、多量に摂取し続けると、軽度の肝機能障害を引き起こす報告があります。

推奨摂取量

成人の1日の推奨摂取量は女性8mg、男性9mg、上限は女性600mg、男性800mg

栄養機能食品としての基準

栄養素等表示基準値:8mg

栄養機能表示:「ビタミンEは、抗酸化作用により、体内の脂質を酸化から守り、細胞の健康維持を助ける栄養素です。」

注意喚起表示:「本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。一日の摂取目安量を守ってください。」

健康食品のPB、OEMについてお気軽にお問合せください
お問い合わせフォーム
国際規格ISO9001:2008(マネジメントシステム)の認証取得
日健栄協GMP適合認定製造所

メディスンアルファ連絡先

メディスンアルファへお気軽にご相談ください
■本  社
東京都新宿区西新宿6丁目16番地9号 西新宿パインニードル4階
TEL: 03-5989-0293
FAX: 03-5989-0294
フォームからのご相談

■東京工場
埼玉県八潮市二丁目438-1
TEL: 048-999-7271
FAX: 048-999-7281