ビタミンA(レチノール)

HOME » 健康食品素材辞典 » ビタミンA(レチノール)

概要と主な働き

ビタミンAには、魚油やレバーなどに含まれるレチノールと、ビタミンA前駆体(体内でビタミンAに変換)で緑黄色野菜に多く含まれるβ-カロテン(カロチン)あります。
ビタミンAは感染症の予防や抗酸化作用があり、また目の健康を維持するのに効果があります。
不足すると、感染症にかかりやすくなったり、夜盲症を招きます。
ビタミンAに変換されない状態のβ-カロテンにも、抗酸化作用があります。

ビタミンAは、脂溶性のビタミンでビタミンAのかたちで動物性食品に含まれるレチノールと、緑黄色野菜に含まれる色素カロテノイドの一種のかたちで、体内でAに変わるベータカロチン(カロテン)があります。変換しないベータカロチン(カロテン)には抗酸化作用があります。薄暗い場所でも目が慣れるのは、目の網膜に、光の明暗を感じるロドプシンという物質があるからです。ロドプシンの主成分がビタミンAです。色を見る力にも、ビタミンAがかかわっています。

期待される効果

・皮膚、粘膜の健康維持
・抗酸化作用
・網膜色素の維持

ビタミンAを含む食品

かぼちゃ、にんじん、モロヘイヤ、あしたば、豚レバー、アンコウ
※脂溶性なので、緑黄色野菜に含まれるβ-カロテンは油と一緒に摂取すると吸収がよくなります。

注意点

・多量に摂取すると嘔吐、頭痛、脂肪肝、骨障害が起こります
 ただし、β-カロテンは必要な分だけビタミンAに変換されるので問題ありません。

推奨摂取量

成人の1日の推奨摂取量は女性600μg、男性750μg、上限は3,000μg

栄養機能食品としての基準

栄養素等表示基準値:450μg/日

栄養機能表示:「ビタミンAは、夜間の視力の維持を助ける栄養素です。ビタミンAは、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。」

注意喚起表示:「本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。一日の摂取目安量を守ってください。妊娠3か月以内又は妊娠を希望する女性は過剰摂取にならないよう注意してください。」

健康食品のPB、OEMについてお気軽にお問合せください
お問い合わせフォーム
国際規格ISO9001:2008(マネジメントシステム)の認証取得
日健栄協GMP適合認定製造所

メディスンアルファ連絡先

メディスンアルファへお気軽にご相談ください
■本  社
東京都新宿区西新宿6丁目16番地9号 西新宿パインニードル4階
TEL: 03-5989-0293
FAX: 03-5989-0294
フォームからのご相談

■東京工場
埼玉県八潮市二丁目438-1
TEL: 048-999-7271
FAX: 048-999-7281