パントテン酸

HOME » 健康食品素材辞典 » パントテン酸

概要と主な働き

パントテン酸は、水溶性のビタミンで糖質、脂質、たんぱく質の代謝とエネルギー産生に不可欠な酵素を補助する働きをします。

また、副腎皮質ホルモンなどの各種ホルモンの働きにも関与します。

パントテン酸の語源は「広くどこにでも存在する酸」という意味であるといわれ、その語源のとおり多くの食品に含まれています。

そのため、通常の食事を摂取していれば不足して欠乏症を起こすことはほとんどありません。

期待される効果

・エネルギー代謝
・化学化合物の解毒作用
・免疫賦活作用
・副腎皮質ホルモン合成

パントテン酸を多く含む食品

レバー、納豆、魚

注意点

通常の食事を摂取していれば不足することは稀ですが、アルコールやカフェインはパントテン酸を消耗しますのでお酒やコーヒーを飲む方は多めに摂取することをおススメします。

推奨摂取量

成人の1日の推奨摂取量は女性5mg、男性6mg

栄養機能食品としての基準

栄養素等表示基準値:5.5mg/日

栄養機能表示:「パントテン酸は、皮膚や粘膜の健康維持を助ける栄養素です。」

注意喚起表示:「本品は、多量摂取により疾病が治癒したり、より健康が増進するものではありません。一日の摂取目安量を守ってください。」

健康食品のPB、OEMについてお気軽にお問合せください
お問い合わせフォーム
国際規格ISO9001:2008(マネジメントシステム)の認証取得
日健栄協GMP適合認定製造所

メディスンアルファ連絡先

メディスンアルファへお気軽にご相談ください
■本  社
東京都新宿区西新宿6丁目16番地9号 西新宿パインニードル4階
TEL: 03-5989-0293
FAX: 03-5989-0294
フォームからのご相談

■東京工場
埼玉県八潮市二丁目438-1
TEL: 048-999-7271
FAX: 048-999-7281